ナイトワークからセレブを目指すには働く店舗も重要

ナイトワークには沢山の種類がある

ナイトワークには沢山の種類がありますが、ここで説明したいお仕事は主に男性のお客様をお酒やフード、カラオケ、お喋りで接待するお仕事です。
私の勤務するキャバクラの他にも、女の子がバーテンになってお客様にお酒を提供するガールズバー、スナック、ラウンジ、高級クラブ、ニュークラブなどがあります。

キャバクラに関しても、一般的なキャバクラはもちろん、熟女の方がメインでキャストを務める熟キャバ、お触りOKのセクキャバ、朝や昼間からあいてる朝キャバ・昼キャバまど様々。
高級キャバクラをニュークラブと呼ぶ事もありますね。まずはナイトワークにも色んなお店がある事を知っておいてください。

最近はキャバ嬢へのお触りOKのセクキャバがありますが、キャバ嬢はお喋りと接客技術とでお客様をおもてなしするもの。
セクキャバになるとお喋りはそこそこに、女の子の体を触るのが目的になってしまうので話術やテーブルマナーは二の次、三の次です。
お喋りが苦手な女の子はセクキャバに流れてしまうようですが、そこから本格的な風俗店に移店してしまう方もいるようですね。
風俗店への入り口になっているナイトワークもあるようです。

キャバクラがおすすめな理由

キャバクラは「完全実力主義」の世界です。お客様との接客もマンツーマンなのでキャバ嬢の個性や魅力を発揮しやすいですし、営業力のある女の子はメキメキと頭角を現しますね。
自分の個性や魅力を理解して、それを最大限に発揮出来る女の子はキャバクラで働くのが最適です。

ただキャバクラでは女の子がどんな魅力を発揮してどんな営業をするか、全て自分で決めなければなりません。
上司の言いつけに従ってロボットのように仕事をしたい方には向いていません。けれどセルフプロデュース力や話術、ルックス、美的センスのある女の子ならキャバクラはお仕事としてお薦め。
これらの才能があり「毎月安月給で嫌になるな」と思う方はキャバクラで実力を発揮出来る可能性があります。

・人とお喋りするのが好き
・美意識が高い
・自分の魅力がよく分かっている
・奉仕の精神がある
・ある程度体力がある(出来ればお酒が飲める方が良いですが、必須ではありません)

これらに当てはまる女の子は、稼ぎに上限のないキャバクラで働いてみると良いです。いきなり入店する必要はありません。
面接に通ったらまずは一晩だけのお試し入店が出来るのでそこで仕事としてやっていけるかどうか判断してみてください。

高級店と大衆店の違い

キャバクラにも高級店と大衆店がありますが、大きな違いは客単価です。
キャバクラにやって来るお客様は60分や50分と言った一定時間に決まった料金を支払います。
大衆店の場合、50~60分で約3,000~5,000円が相場ですが、高級店になると60分で8,000~12,000円前後掛かります。
京都にある高級キャバ店は客単価が一人5~10万円だと聞いた事がありますが、一人のお客様の単価が高いとキャバ嬢が稼げる金額もアップ。

高級キャバクラ店には自然と富裕層のお客様が集まってきますので、同じ働くのであれば高級店の方が効率よく報酬を稼げます。
ただ高級店は料金が高い分だけ、女の子に要求される容姿や接客レベルも高くなり、そう簡単には入店出来ません。

高級店の紹介

高級キャバクラ店や高級クラブと聞いてもどんなお店が高級店なのか想像しにくいですね。そこで都内にある高級店をご紹介します。
すべてのお店に共通するのは料金・女の子のレベル・内装のクオリティーなどが高い事です。

銀座クラブチック

画像引用元:https://www.chick.co.jp/ginza/

銀座クラブチックは20年以上の長い間、美しい女性ホステスがいるお店№1に選ばれている超有名店。
ホステスをチェックしてみると確かに、芸能人やモデル並みのルックスの若い女の子だけが厳選されています!!
店内も大粒のスワロフスキーを1万個も使った贅沢なシャンデリア、スワロフスキーのビーズカーテンとミラーを使った煌びやかなカウンター、彩度を抑えめにしたゴールドと赤を基調にしたシックなVIPルーム、西陣織が壁を飾る特別室など。
店内はまさに「ゴージャス」の一言です。。

新宿アジアンクラブ

画像引用元:http://azianclub.jp/

新宿アジアンクラブは、新宿歌舞伎町で一番人気のあるキャバクラとしても知られるお店です。
床面積も歌舞伎町では一番。100名を超える選び抜かれた美女が集結しており、ルックスも接客レベルもハイレベル。
60分1セットで11,000円からと料金もお高めですね。
高級店にありがちな巨大スワロフスキーのシャンデリアはありませんが、ブラウン系で統一された店内は落ち着ける空間です。
もちろんVIPルームも完備。このお店の特徴は、25時になると完全閉店する法令順守店である事。
さすが人気の高級店、意識が高いです。

六本木 ルクラブデトウキョウ

画像引用元:https://www.tainew.com/shop/view/2427/

六本木Le Club de Tokyoはまさに「THE高級クラブ」と言った内装の会員制の高級クラブ。
なんと入店するには顧客の手の甲にある静脈での認証が必要になっており、部外者は一切入れません!!
店内にはスワロフスキーを使用した3メートルもの巨大シャンデリアが煌びやかな光を放ち、鏡張りの店内はさらに高級感をアップ。
そして店内は3つのフロアに分かれており、ファブリックやテーマが違うためいつも新鮮な気持ちで楽しめます。
更に一般席の上はプラチナルームになっていて、選ばれたVIPメンバーしか入室出来ません。
そんな最高級店だけあって、ホステスのクオリティーも非常に高いです。