【セレブを目指せる?!】どれくらい稼げるの?ナイトワークの給料事情

ナイトワークの平均時給

ナイトワークと言ってもガールズバーやキャバクラ、高級クラブ、スナック、ラウンジなどいくつか職場がありますので、職場ごとの平均的な時給についてまとめてみましょう。

キャバクラの平均時給

キャバクラの平均的な時給は約3,000~5,000円前後。
お店によっては週払いに対応している所もありますが、基本的には月払いです。
売り上げノルマがあり未達ですと罰金を徴収されるお店もあります。

ガールズバーの平均時給

ガールズバーの平均的な時給は約1,500円前後。
時給は安めですがノルマがなく、営業活動しなくても良い事からバイト気分でナイトワークがしたい女の子には人気があります。
荷払いOKのお店もあります。

高級クラブの平均時給

高級クラブの平均時給はキャバクラと同じく3,000~5,000円前後。
キャバクラとは違いチームプレーで接客をするため、協調性や気遣い、テーブルマナーなどが身に付いた女性が歓迎されます。

ラウンジの平均時給

ラウンジの平均時給は約3,000円前後。ラウンジレディが1人で複数のお客様を接客する事もあり、女の子の人数が少ないお店ではかなり忙しくなります。

スナックの平均時給

スナックの平均時給は約2,000円前後。キャバクラや高級クラブと比べると時給は安めです。
スナックはお店を切り盛りするママとの相性が悪いと続けにくいです。基本的に週払いや月払いですが日払いに対応してくれるお店もあります。

平均的なキャバ嬢の時給

平均的なキャバ嬢の時給は一体いくらでしょうか?前述したように約3,000~5,000円が平均的な時給となっていますので、時給3,000円で4時間働けば日給は12,000円となります。
キャバ嬢の場合、この時給以外にもドリンクやフードバック、同伴バック、本指名・場内指名バックのような報奨金も加算されますので、時給分に加えてプラスαの報酬が得られる可能性大です。

キャバ嬢の平均的な時給は約3,000~5,000円なので、この金額を頭にいれてお店選びをしましょう。
この金額より極端に高い、または安いお店は何か事情があるのかもしれません。用心した方が良さそうです。

キャバクラ嬢トッププレイヤーの給与事情

キャバ嬢は水商売。稼げる金額に上限はありませんが、稼げない女の子がいるのも事実。完全実力主義の世界なので格差があるのも仕方がありません。
シビアなキャバ嬢の世界で、トップクラスに君臨するキャバ嬢の報酬はどれくらいのものなのでしょうか?

実業家としても知られる愛沢えみりさん

画像引用元:https://kyun2-girls.com/archives/3741

現役キャバ嬢であるのはもちろん、モデル業やアパレルブランド『EmiriaWiz(エミリアウィズ)』社長業などで大活躍の愛沢さん。今やキャバ嬢の枠を超えて実業家としても有名です。
そんな愛沢さんの年収は約2億円とも言われており桁違いです。2億円は社長業やモデル業などで稼いだお金も含まれているようなのでキャバ嬢としての稼ぎは定かではありませんが、何にしても凄いの一言ですね。

2日で1億円の売り上げ達成の小川えりさん

画像引用元:https://instagrammernews.com/detail/1648438982723214171

エンリケこと小川えりさんの売り上げも凄いです。なんと2017年の誕生日には2日で1億円の売り上げを作り、こちらも桁違いです。
バースデーシャンパンボトルに囲まれたエンリケさんの画像は大迫力!ボトルを並べるだけでも3時間掛かったようで、2018年はさらなる飛躍が期待出来るキャバ嬢の一人ですね。年収は間違いなく億単位ですね。

アルマンド姉さんで有名な門りょうさん

画像引用元:https://twitter.com/ryo19891015

北新地のアルマンド姉さんで有名な門りょうさん。バースデ―での売り上げが1億円を達成したと話題になりました。
引退されていますが、月収は1,000万円、誕生月には3,000万円あったという事で、年収は軽く1億円は稼いでいた計算です。
有名キャバ嬢は年収が億単位になってしまうのです。