【枕営業は実際にある】キャバクラでの経験談

キャバクラにおける枕営業とは?

キャバクラでは枕営業を行っているキャバ嬢が間違いなくいます。
なぜ枕営業をしなければならないのか、その理由は大きく分けて2つです。

・売り上げがパッとしないので店長から「枕営業で売り上げを作れ」と命令される
・自ら進んで枕営業で売り上げを作る

前者は無理に枕営業を強要されるケースですね。キャバ嬢本人は嫌がっていても、売り上げのために仕方なくお客様と一夜を共にするわけです。
一時的には売り上げアップに繋がるかもしれませんが、一度体の関係が出来るとお客様は飽きてしまって何度もお店に来てくれなくなります。
女の子の側も性病や妊娠のリスクがあるので、あまりお薦めできません。

ただ営業成績を上げるために積極的に枕営業を仕掛けている女の子もいます。
門りょうさんが告白されていましたが、以前は400~500万円の売り上げと引き換えに枕営業をされていたそうです。
でもそれはキャバ嬢の本来の姿ではないので今は止めたとか。
芸能界にも枕営業の噂は多々ありますが、キャバクラの世界でも枕営業の噂はやっぱりありますね。

枕営業はセレブ(金持ち)への近道?!

門さんが告白しているように、枕営業をして売り上げを伸ばすキャバ嬢がいるのは事実です。
ただキャバクラに来るお客様の気持ちを考えると、枕営業は決して得策ではありません。
キャバクラにやって来るお客様は「もしかして〇〇ちゃんと仲良くなれ恋人同士になれるかも」「一緒にホテルに行けるかも」とどこかで下心を持っています。

その下心を見抜き、上手くコントロールして肉体関係なしにお客様をお店に何度も呼ばなければなりません。
枕営業はやはり究極的には邪道なのだと感じます。
ですが、実際に有名企業の役員や社長、政治家などと愛人契約を結んでいるキャバ嬢もいます。
一定金額の売り上げやマンションなど高額な贈り物と引き換えに肉体関係を結ぶのはセレブへの一つの道なのでしょう。

ただキャバ嬢の仕事からすると正攻法ではありませんので、門さんのように結果的に「これは違う」と心を改めたり、トラブルが起きて傷つく可能性もあります。枕営業をすると決意したなら後悔しないように気を付けてください。

枕営業はこうして持ち掛けられる

同僚のキャバ嬢がお得意様とバーで一緒に飲んでいた時、枕営業(愛人契約)を持ち掛けられたそうです。
その子はスタイルも良くルックスは芸能人並みなので、何度か枕営業を持ち掛けられたことがあるようですね。

仕事がお休みの夜、雰囲気の良いバーにお客様から呼び出され、そこで「ねえ、〇〇ちゃん。毎月100万円の売り上げが欲しくない?」と言われたそうです。
もちろん同僚も売り上げは欲しいですから「そりゃ欲しいです。100万円あれば店長も喜びます」と返したところ「じゃあ、僕と月に4回会ってくれる?」と言われ「え?」と驚くと「僕の言いたい事…分かってくれるよね?」といきなり手を握られて手の甲にキスされたそうです。

お客様からいやらしい目で上目遣いに見られ、彼女はゾッとして「すみません。ちょっとそういうのはお断りしますので…」とすぐにお店を出て逃げたのですが、良くみるとバーの近くにはラブホテルがあり、さらにゾッとしたとか。
その後も何度か枕営業のお誘いがあったようですが、その度にお断りしており「私の判断は正しかったのかどうか分からないけど、枕はしたくない」と言っていましたね。
確かに何が正しかったのかは誰にも分かりませんが、彼女のように自分の意思をもつ事がとても大事なのだと思います。

枕営業のメリットとデメリット

枕営業はお薦め出来る営業方法ではありませんが、セレブへの階段を駆け上がるために利用しているキャバ嬢がいるのも事実です。では枕営業のメリットとメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

枕営業のメリット
・指名が取れたり同伴出勤が出来る
・毎月決まった売り上げが望める
高級プレゼント(マンションや車)がもらえる可能性大
・お客様とより親密になれる

枕営業のデメリット
・妊娠や性病のリスクがある
・周囲(お店の従業員や同僚のキャバ嬢)から悪いイメージがつく
・ネットでの誹謗中傷に繋がるケースがある
・指名はもらえても長続きしない傾向がある

このようなメリット・デメリットがあります。枕営業は一時的な売り上げアップになりますが、継続的な指名や売り上げには繋がらずすぐに飽きられるようです。