キャバクラ高級店で見かけた驚愕のお酒の値段

一般のお客様が飲むボトルと値段

キャバクラではお客様がボトルキープ出来るシステムになっています。
焼酎を1本その日のうちに飲み切るのはほとんど不可能なので、お店でボトルキープしてくれます。
ただシャンパンやワインは一度開栓してしまうと日持ちがしませんので、基本的にその日のうちに飲み切りますね。

ではお客様がどれくらいの値段でボトルを購入しているのでしょうか?調査してみました。

高級な焼酎の値段と種類

焼酎はコンビニやスーパーに行くと800円くらいで売っていますよね?でも、キャバクラでは焼酎1本を800円で販売する事はありません。
「3掛け」、「4掛け」と言って、原価の3倍、4倍の価格でボトルを売るのは当たり前。キャバクラでは女の子やボーイなど人件費がかなり掛かっていますし場所を借りる賃料、店内インテリアなど膨大な費用が必要です。
これら金額をペイするには1本800円のボトルを10倍で売るケースだって当然あります。

では高級な焼酎は1本どれくらいするのでしょうか?焼酎と言えば九州のものが有名ですね。
吉四六や二階堂は大分産の焼酎ですが、お店では1本約13,000円で販売しています。税金やサービス料は込みです。
スーパーいいちこは約12,000円、黒霧島と富乃宝山は約10,000円、神の河は9,000円前後となっています。
地元では1本1,000円もしないくらいの金額かと思いますが、キャバクラで販売すると10倍の値段になるのは仕方がありません。人件費などが高額になりますので…。

高級なワイン・シャンパンの値段と種類

高額なワインと言えばロマネ・コンティ モンラッシェやシャトー・ル・パン、リシュブール アンリ・ジャイエなどですが、これらのワインは超高級ワインなので1本50万円を軽く超えています。
お祝い事に欠かせないドン ペリニヨン ロゼはお店の販売価格は約150,000円、ドン ペリニヨン P2は約180,000円、ドン ペリニヨン 白は約50,000円です。
さすがに10万円を超えるシャンパンになるとお客様によっては前払いをお願いしたり、カード払いだと与信状況をしっかり確認されます。やはりシャンパンは普通のスパークリングワインより高いです。

最近流行っているシャンパンはアルマンドブリニャックですが、一番安いブリュットでも1本15万円は掛かります。
アルマンド ロゼは約30万円とお値段は桁違い。キャバ嬢の誕生日には超高額なシャンパンがどんどん入っていくわけですから、トップレベルのキャバ嬢が1日に億単位で売り上げを作れる秘密はシャンパンの売り上げ、そう「シャンパンタワー」によるものなのです。

高級なウイスキーの値段と種類

ウイスキーはビールをさらに醸造したもので、水割りやお湯割りと言う形でお店でもよく提供しています。
お店では山崎や響と言った国産ウイスキーを提供していますが、山崎も25年ものや響30年もののビンテージ物になると価格は約30~50万円になってしまいますね。
お店でお客様に提供しているのはノンビンテージですがそれでも1本10,000円以上する商品です。

イチローズモルトは種類により約20~50万円、マッカランは約10~30万円、ボウモアも約10万円など高級ウイスキーはかなり高額です。

高級な飲み物まとめ

キャバクラで高額な飲み物は焼酎や日本酒など庶民的なお酒ではなく、やはりシャンパンやウイスキー、ブランデー、ワインなどの洋酒になります。
ブランデーも高額な商品で、レミーマルタン ルイ13世は約30万円で販売されていますし、庶民派ブランデーのヘネシー XOでも1本約2万円になります。

キャバクラは煌びやかなドレスを着たキャバ嬢が洋風のインテリアのお店で接客するため、洋酒の方が似合うと感じるのかもしれません。ウイスキーやブランデーが人気です。
ちなみに、うちのお店で一番高いお酒はレミーマルタン ルイ13世 ブラックパール・マグナムで約250万円しますが、ディスプレイ用かと思いきや実際に購入されるお客様がいるようです。
焼酎や日本酒よりも洋酒の方が高額になりがちですね。